少しずつ大人の顔つきに

本室 相模台


 冬休みも終わり、今年度も残り2カ月を切りました。1年生の小学校生活もまもなく1年を迎えます。この1年は新たな発見と成長の毎日だったことでしょう。3年生も間もなく高学年生です。身長もさることながら、少しずつ大人の顔つきになっていく子どもたちの成長を嬉しく思います。
 児童クラブの冬といえば、日の入りが早いために室内で過ごす時間が増え、外遊びが足りない様子や声を子どもたちから聞きます。そのため、室内遊びで少しでも充実した時間を過ごせるように工作やカプラ、けん玉遊びなどを新たに取り入れています。冬の季節だからこそ楽しめることを見つけながら、2月も楽しく過ごしてまいります。

«