相模台

異なる環境では

新しい月を迎えて 本室 相模台

 陽射しがやわらぎ、過ごしやすい季節となりました。子どもたちは、宿題、おやつ、外遊びと児童クラブでの放課後時間を元気に活動しています。また、外活動に最適な季節を迎え、天気が良い日には積極的に中央公園へ出かけ、ドッジボールや鬼ごっこ、バドミントンなどを楽しんでいます。
 先日には避難訓練を行いました。火災発生を想定した訓練でしたが、児童クラブでは初めての経験のため、戸惑う子どもたちが多く見受けられました。小学校や保育園、幼稚園では十分に訓練を経験している子どもたちも、異なる環境では避難に戸惑うことがわかり、とても貴重な訓練時間となりました。児童クラブでの生活中に災害が発生した場合、どのように自らを守り、避難し、お迎えを待つか、丁寧に子どもたちと学び、確認を再度行いながら児童クラブでの生活をしてまいります。

クラブの様子

子どもたちの様子 本室 相模台

「学校から児童クラブ」の生活に

へいわ分室 新しい月を迎えて 相模台

 木々が徐々に色づき始め、目に見えて秋の訪れを感じるようになってきました。
 新学期が始まって早くも1カ月が過ぎ、子ども達も「学校から児童クラブ」の生活に再び慣れてきた様子が見られます。新学期は、2年生の間でカルタが流行り、様々な種類のカルタを順番に楽しむ姿をよく目にします。3年生は、ユニット折り紙を器用に作る姿が見られ、職員も完成した作品に感心させられています。
 秋は昼夜の気温差が激しい季節です。子どもたちの体調に気を配りながら、引き続き感染症対策に配慮してまいります。

どの本にしようかな?

分室 子どもたちの様子 相模台

 へいわ分室の本棚を開くと、歴史物から学習漫画、文庫本など様々な種類の蔵書があります。本を選ぶ子ども達からは「今日はこの本にしよう。」「この本、面白かったよ!」と読書を楽しむ声が日々聞こえます。また、定期的に図書館から本も借りており、「またこの本のシリーズを借りてきて!」「手話の勉強がしたい!」といった子ども達からのリクエストもあります。実際に手話の本を借りた際には、手話で自己紹介をしてくれました。
 児童クラブでの読書時間に、子どもたちは難解な単語に出会うことがあります。「先生、この言葉の意味は何?」との問いに職員が答えると、単語を理解することによりさらに物語の面白さが増したことが表情から伝わってきます。子どもたちが読書によって、認識と自己世界をさらに広げるとても貴重な体験をしていることを感じるエピソードです。
 今後も多くの本や文字に触れ、子ども達の思考力や想像力を広げる読書時間を児童クラブでは大切にしていきます。

ただいま さようなら

中部 新しい月を迎えて 本室

 涼しい風も心地よく、過ごしやすい季節となりました。
 子ども達は新学期の生活にも慣れてきたのか、登所してからの準備が早くなり成長を感じています。
 児童クラブでは挨拶を大事にしています。登所してからの『ただいま』、降所するときの『さようなら』は相手の目を見て丁寧に行う様、日頃から伝えています。子ども達は毎日元気よく挨拶を行ってくれているので職員も子どもに負けず元気よく挨拶を行っていこうと思っています。
 秋は昼夜の気温差が激しい季節です。子ども達の体調に気を配りながら引き続き感染症対策を徹底していきたいと思います。

クラブの様子

中部 子どもたちの様子 本室

避難訓練を行いました

おしらせ 中部 本室

9月29日(木)、火災を想定した避難訓練を行いました。
火災は慣れていないのか、職員の声掛けに戸惑っている子もいましたが、しっかり外まで避難をすることができました。
もしもの時に落ち着いて行動できるよう、今後も定期的に訓練を行っていこうと思います。

秋の訪れを楽しみながら健やかに

新しい月を迎えて 本室 相模台

 日中は夏と変わらないような暑さの日もありますが、日が落ちるのが随分と早く感じるようになりました。
 児童クラブの夏休みの楽しみのひとつに行事があります。近年は新型コロナの影響で行事も自粛を余儀なくされ、今年も第7波に直面する夏休みとなりましたが、今年は無事にミニ縁日やサイエンスショー、水遊び、制作活動と児童クラブでの行事を行うことができました。
 子ども達にとって思い出に残る児童クラブでの夏休みになっていれば幸いです。新学期も引き続き感染予防に努めつつ、子どもたちと秋の訪れを楽しみながら健やかに過ごしてまいりたいと思っております。

夏休みのクラブの様子

子どもたちの様子 本室 相模台

積極的に行事に参加して楽しむ姿

へいわ分室 新しい月を迎えて 相模台

 子どもたちが楽しみにしていた夏休みが始まり、児童クラブでもそれぞれの時間を楽しむ様子が見られました。
 今年の夏休みは、感染症対策を行いながら様々な行事を実施しました。

 まず、7月28日にマジシャンコンビ「キャラメルマシーン」をお招きし「サイエンスマジックショー」を行いました。
 子どもたちはマジックにとても感動したようで、ファンレターを書いてキャラメルマシーンのお二人に渡すほどでした。続いて8月5日は「プラネタリウム鑑賞」に出かけ、美しい星空に目を輝かせました。夏休み中盤には「水遊び」を行い、水風船や水鉄砲を使って友達や職員と楽しい時間を過ごしました。8月18日には「ミニ縁日」を行いました。子ども達が屋台の店主を手伝い、いくつものお店が大盛り上がりとなりました。さらに8月23日には「駄菓子屋さん」を行い、全員が店員とお客さんを交互に体験しながら駄菓子屋さんを楽しみました。
 
 各行事で子どもたちが積極的に行事に参加して楽しむ姿や大人の準備を手伝う様子が見られ、職員も夏の行事を子どもたちとともに楽しめたことを嬉しく思っています。

« 古い記事