新しい月を迎えて

時には競い合い

新しい月を迎えて 本室 相模台

 「春は名のみの風の寒さや」と言わんばかりに、今季一番の寒波が到来する今日この頃です。それでも子どもたちは冬休みの期間中、公園で精一杯体を動かし、室内ではクリスマスプレゼントの新しい玩具に目を輝かせ、昔遊びのコマ回しの腕を磨くなど、元気いっぱいに遊んでいます。子どもたちが、こうした遊びを通して心から笑い合ったり、スキルを高め、時には競い合い、友だちとの交友関係を深めることで、新年度へ向けて一層の成長を果たせるよう職員一同、子どもたちに寄り添う支援を続けてまいります。

日を追うごとに

分室 新しい月を迎えて 相模台

 暦の上では春ですが、まだまだ寒い日々が続いています。
 3学期も既に1か月が過ぎ、子ども達にとって次学年に向けての更なる成長の日々が続いています。児童クラブにおいても、1月より積極的に次学年に向けたスケジュール管理の意識や、生活における適切な行動を目指す声がけをしています。日を追うごとに子ども達がその声がけを意識してくれていることが伝わり、職員も子ども達の成長に感心させられるばかりです。
 冬休み中には平常時では終わらない時間がかかる遊びや、普段一緒に遊ぶことが出来ないお友達と楽しそうに遊ぶ姿が多く見られ、子ども達それぞれが有意義に過ごすことが出来たのではないかと思います。
 気温や湿度も低く、コロナウイルスをはじめ様々な体調の変化が起こりやすい季節です。引き続き感染症対策を行い、子ども達が安心して児童クラブ生活ができるよう努めて参ります。

友だち同士で譲り合い

中部 新しい月を迎えて 本室

 早いもので2023年もあっという間に1ヶ月が過ぎ、時の流れの速さに少し驚きつつ児童クラブでの毎日を子どもたちと過ごしています。3学期に入り、子どもたちが友だち同士で譲り合い、相手への配慮をもって過ごす場面を多く目にし、子どもたちの日々の成長をとても頼もしく思います。また、新しいおもちゃを試行錯誤しながら学年問わず遊ぶ様子や鬼ごっこで寒さに負けず校庭を走り回る姿は、様々な感染症など吹き飛ばしてしまいそうな元気を感じます。
 寒さが一段と増し、コロナウイルス、インフルエンザなどの感染症に改めて注意をしなければいけませんが、児童クラブでも引き続き子どもたちと感染予防対策に取り組みつつ毎日を過ごしてまいります。

練習を重ねるごとに

中部 分室 新しい月を迎えて

 暦の上では今年の立春は2月3日ですが、まだまだ厳しい寒さが続いています。
 子どもたちが冷たい風にも負けず登所し、溌溂と勉強や遊びを行う姿に職員一同パワーを貰います。
 室内で遊ぶ子どもたちには、クリスマスプレゼントで届いた新しいおもちゃがとても人気です。一部を紹介すると、時間内でパーツを枠に入れてドキドキを味いながら完成をめざす「タイムクラッシュ」、ルーレットを回してゴールを目指す「じんせいゲーム」、色々な絵柄を組み合わせて役を一番早く作れば勝ちとなる「ドンジャラ」などです。子どもたち同士で協力する事や、どうしたらゲームが完結するかと頭を巡らす姿は真剣そのものです。一人で遊べる玩具もありますが、子どもたち同士がコミュニケーションを取りながら玩具を使って遊ぶ姿に、玩具が良い交流のツールのひとつとなっていることを感じます。
 外遊びでは、学年を問わずサッカーやバレーボール、バドミントンが人気競技です。最初は、パスや球を相手に返すことがうまく出来ずに苦戦している姿もありましたが、練習を重ねるごとに上達しています。子どもたち同士で目標を決め「〇回達成しよう」と集中して頑張る姿も見られました。
 コロナ禍に加え、更に様々な感染症が増えてきていますが、子どもたちの元気な声に職員も励まされています。
 引続き、手洗い・消毒を行い感染症予防に努め、子どもたちの体調の変化にも注意していきたいと思います。

子どもたちの元気な挨拶と共に

新しい月を迎えて 本室 相模台

 明けましてあめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
子どもたちの元気な挨拶と共に新年が始まり、年末年始のご家庭での出来事を楽しそうに話す子どもたちの姿が見られました。
 大人も子どもも年末年始の生活からリズムを通常生活に戻すのは大変ですが、体調管理などに十分気を配りながら元気に過ごしていきたいと思います。 

より充実したクラブでの日々

分室 新しい月を迎えて 相模台

 新春のお慶びを申し上げます。
新しい一年が、お子様にとって、また保護者の皆様にとって笑顔があふれる年になりますよう、お祈り申し上げます。
 冬休みに入り、子どもたちもイベントや新年に向けてワクワクした様子で過ごしていました。アドヴェントの期間を通して、子ども達もクリスマス礼拝・祝会の練習や準備をおこない、12月22日(木)には礼拝と祝会を無事に行うことが出来ました。職員も子どもたちと素晴らしい時間を持てたことを嬉しく思っています。また、クリスマスに届いた新しい本や玩具で新たな世界も広がり、子ども達にとってより充実したクラブでの日々となっていることを願っています。
 本年も相模台放課後児童クラブをよろしくお願い致します。

楽しい年末年始を過ごされたことと

中部 新しい月を迎えて 本室

 あけましておめでとうございます。
 クリスマス、お正月と目白押しだった冬休み。ご家族で楽しい年末年始を過ごされたことと思います。子どもたちからこの期間の話を聞くのが楽しみです。
 冬も本番になり、寒い日々が続いています。体調を崩しやすい季節なので、児童クラブでは引き続き手洗いをしっかり行い、感染症予防に努めていきたいと思います。ご家族の皆様にとって笑顔溢れる素敵な1年になりますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

全然、寒くないよ~!

中部 分室 新しい月を迎えて

 明けましておめでとうございます。クリスマス、お正月はいかがお過ごしでしたか?子どもたちからこの期間のお話を聞くのがとても楽しみです。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 先月は短縮下校が多く続いたので、外遊びにたくさん出ることができました。中には半袖の子もいて「全然、寒くないよ~!」とハンドパスボールで元気に遊んでいます。外遊びでは、ハンドパスボール、サッカー、バレーボールが流行っていますが、大繩に挑戦している子どもたちもおり「郵便屋さんの落とし物」で飛ぶ数を競ったり、八の字で跳んだり、冬ですが汗ばむほどの元気さで外遊びを楽しんでいます。
 室内遊びでは、先月行われたクリスマス祝会の準備を子どもたちと進めました。今回の祝会のレクリエーションは「クイズ」と「宝さがし」でした。それぞれ子どもたちが積極的に準備を進め、当日も楽しい時間となりました。礼拝では、4年生のピアノ伴奏で「おほしがひかる」と「きよしこのよる」を讃美し、とても素敵な歌声が響きました。
 寒さと乾燥の時期、色々な感染症が流行します。児童クラブでも手洗い、うがい、換気を再度徹底し、子どもたちの体調管理に留意していきます。

残りあと1か月

新しい月を迎えて 本室 相模台

 今年も早いもので残りあと1か月となりました。
 4月に小学校へ入学してからの9か月間、環境も大きく変わり、戸惑いや緊張があったと思いますが、子ども達も自分のペースで小学生らしく大きくたくましく成長していると感じています。
 12月は「クリスマス」「冬休み」と楽しい季節がやってきます。

 寒さも増し体調を崩しやすい時期ですが、児童クラブでは手洗い・消毒の声かけや室内換気を徹底し、体調の変化にも十分注意して過ごしていきます。今年1年どうもありがとうございました。

アドヴェントが始まりました

分室 新しい月を迎えて 相模台

 舞い散る枯れ葉や冷たい風に本格的な冬の訪れを感じ、寒さも厳しくなってきましたが、子どもたちがクラブに登所してくると元気と熱気で部屋も暖かく感じ、人の温もりの有難さを感じます。

 11/27(日)よりアドヴェントが始まりました。それに合わせ、クリスマス礼拝に向けた子ども達の讃美歌練習が始まっています。今年もへいわ分室では子ども達の伴奏に合わせて讃美歌を歌う予定で、伴奏の子ども達が懸命に練習を重ねてくれています。素敵なクリスマス礼拝・クリスマス会を行えるよう、職員も努めて参ります。

 この一年も保護者の皆様にはご理解、ご協力を賜りましたこと感謝申し上げます。

« 古い記事