最近の記事から

時には競い合い

新しい月を迎えて 本室 相模台

 「春は名のみの風の寒さや」と言わんばかりに、今季一番の寒波が到来する今日この頃です。それでも子どもたちは冬休みの期間中、公園で精一杯体を動かし、室内ではクリスマスプレゼントの新しい玩具に目を輝かせ、昔遊びのコマ回しの腕を磨くなど、元気いっぱいに遊んでいます。子どもたちが、こうした遊びを通して心から笑い合ったり、スキルを高め、時には競い合い、友だちとの交友関係を深めることで、新年度へ向けて一層の成長を果たせるよう職員一同、子どもたちに寄り添う支援を続けてまいります。

クラブの様子

子どもたちの様子 本室 相模台

遊びを通じての成長 ~1月の子ども達の様子~

冬は暗くなるのも早く、平日はなかなか外遊び時間を作ることができませんが、冬休みや早帰りの日は、中央公園でドッジボールやおにごっこ、縄跳びなどで遊びました。職員の見守る中、子どもたちは活発に遊んでいますが、そうした光景の中にも、自分の体を春・夏に比べて思い通りに動かせるようになっていることに子どもたちの成長を感じます。

外で遊べない日でも、子どもたちは体を動かして遊びたいものです。そういった場合に大人気なのが、コマ回しです。コマに紐を巻き付けて地面に投げて回す、冬の伝統的な遊びのひとつで、学校でも取り入れられているようです。世代を超えて共に遊べるよう、上手な回し方を職員や友達に教わりながら挑戦しています。

子どもは、将棋・チェス・オセロゲームなどのボードゲームやトランプ、UNOなどのカードゲームも大好きです。いずれも頭を使って考える遊びです。また、昨年のクリスマスには、新しい知育玩具のプレゼントがありました。写真は「ああでもないこうでもない」と頭を抱えながら立体パズルに挑戦している姿です。

日を追うごとに

分室 新しい月を迎えて 相模台

 暦の上では春ですが、まだまだ寒い日々が続いています。
 3学期も既に1か月が過ぎ、子ども達にとって次学年に向けての更なる成長の日々が続いています。児童クラブにおいても、1月より積極的に次学年に向けたスケジュール管理の意識や、生活における適切な行動を目指す声がけをしています。日を追うごとに子ども達がその声がけを意識してくれていることが伝わり、職員も子ども達の成長に感心させられるばかりです。
 冬休み中には平常時では終わらない時間がかかる遊びや、普段一緒に遊ぶことが出来ないお友達と楽しそうに遊ぶ姿が多く見られ、子ども達それぞれが有意義に過ごすことが出来たのではないかと思います。
 気温や湿度も低く、コロナウイルスをはじめ様々な体調の変化が起こりやすい季節です。引き続き感染症対策を行い、子ども達が安心して児童クラブ生活ができるよう努めて参ります。

クラブの様子

分室 子どもたちの様子 相模台

 暦の上では春ですが、まだまだ寒い日々が続いています。
 3学期も既に1か月が過ぎ、子ども達にとって次学年に向けての更なる成長の日々が続いています。児童クラブにおいても、1月より積極的に次学年に向けたスケジュール管理の意識や、生活における適切な行動を目指す声がけをしています。日を追うごとに子ども達がその声がけを意識してくれていることが伝わり、職員も子ども達の成長に感心させられるばかりです。
 冬休み中には平常時では終わらない時間がかかる遊びや、普段一緒に遊ぶことが出来ないお友達と楽しそうに遊ぶ姿が多く見られ、子ども達それぞれが有意義に過ごすことが出来たのではないかと思います。
 気温や湿度も低く、コロナウイルスをはじめ様々な体調の変化が起こりやすい季節です。引き続き感染症対策を行い、子ども達が安心して児童クラブ生活ができるよう努めて参ります。

諦めずに挑戦すること ~1月の子ども達の様子~

 工作は子ども達にとって楽しさだけではなく、時には苦手なことや難しいことに挑戦する機会を与えるものでもあります。冬の自由遊びの時間では、工作で「バスボム作り」を行いました。担当職員の説明をしっかりと聞きながら楽しそうに作っており、出来上がった際には他の職員にも「できたよ~♪」と見せに来てくれました。バスボム作りは力加減やタイミングが重要で、なかなか丸く固まらないこともあり、苦戦する様子も見られました。それでも最後まで諦めずに作り、完成した際にはとても嬉しそうな表情をしていました。実際に作ったバスボムを家で使ってみた子は、「すごく色が出たよ!」、「家でやったら上手くいったよ。」と担当職員に報告をしてくれていました。このような経験を通し、子ども達は成長していくのだと思います。
 今後も子ども達に多くの発見や楽しみのある様々な経験の機会を提供できるように、職員も励んでいきたいと思います。

友だち同士で譲り合い

中部 新しい月を迎えて 本室

 早いもので2023年もあっという間に1ヶ月が過ぎ、時の流れの速さに少し驚きつつ児童クラブでの毎日を子どもたちと過ごしています。3学期に入り、子どもたちが友だち同士で譲り合い、相手への配慮をもって過ごす場面を多く目にし、子どもたちの日々の成長をとても頼もしく思います。また、新しいおもちゃを試行錯誤しながら学年問わず遊ぶ様子や鬼ごっこで寒さに負けず校庭を走り回る姿は、様々な感染症など吹き飛ばしてしまいそうな元気を感じます。
 寒さが一段と増し、コロナウイルス、インフルエンザなどの感染症に改めて注意をしなければいけませんが、児童クラブでも引き続き子どもたちと感染予防対策に取り組みつつ毎日を過ごしてまいります。

クラブの様子

中部 子どもたちの様子 本室

練習を重ねるごとに

中部 分室 新しい月を迎えて

 暦の上では今年の立春は2月3日ですが、まだまだ厳しい寒さが続いています。
 子どもたちが冷たい風にも負けず登所し、溌溂と勉強や遊びを行う姿に職員一同パワーを貰います。
 室内で遊ぶ子どもたちには、クリスマスプレゼントで届いた新しいおもちゃがとても人気です。一部を紹介すると、時間内でパーツを枠に入れてドキドキを味いながら完成をめざす「タイムクラッシュ」、ルーレットを回してゴールを目指す「じんせいゲーム」、色々な絵柄を組み合わせて役を一番早く作れば勝ちとなる「ドンジャラ」などです。子どもたち同士で協力する事や、どうしたらゲームが完結するかと頭を巡らす姿は真剣そのものです。一人で遊べる玩具もありますが、子どもたち同士がコミュニケーションを取りながら玩具を使って遊ぶ姿に、玩具が良い交流のツールのひとつとなっていることを感じます。
 外遊びでは、学年を問わずサッカーやバレーボール、バドミントンが人気競技です。最初は、パスや球を相手に返すことがうまく出来ずに苦戦している姿もありましたが、練習を重ねるごとに上達しています。子どもたち同士で目標を決め「〇回達成しよう」と集中して頑張る姿も見られました。
 コロナ禍に加え、更に様々な感染症が増えてきていますが、子どもたちの元気な声に職員も励まされています。
 引続き、手洗い・消毒を行い感染症予防に努め、子どもたちの体調の変化にも注意していきたいと思います。

クラブの様子

中部 分室 子どもたちの様子

子どもたちの元気な挨拶と共に

新しい月を迎えて 本室 相模台

 明けましてあめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
子どもたちの元気な挨拶と共に新年が始まり、年末年始のご家庭での出来事を楽しそうに話す子どもたちの姿が見られました。
 大人も子どもも年末年始の生活からリズムを通常生活に戻すのは大変ですが、体調管理などに十分気を配りながら元気に過ごしていきたいと思います。 

クラブの様子

子どもたちの様子 本室 相模台

スノードームを作りました。瓶の中に入れるおもちゃは、プラバンに好きなイラストを書いてオリジナル作品を作りました。
ラメの落ちる速度を自分の好きな速さにするため「ちょっと遅いから水入れよう」「早すぎるから洗濯のりを入れよう」と相談しながら完成させました。
空き瓶提供のご協力、ありがとうございました!
春に向けてチューリップの球根を植えました。
「綺麗に咲くかなー?」「何色のチューリップが咲くか予想しよう!」と春に咲く花を心待ちにしています。
12月22日(木)にクリスマス礼拝を行いました。理事長先生からクリスマスのお話を聞き、クリスマスにプレゼントを送る意味を知りました。
また、讃美歌「おほしがひかる」「もろびとこぞりて」をみんなで讃美し、クリスマスを祝いました。
礼拝後にクリスマス祝会を行い、クイズやお菓子のつかみ取りを楽しみました。クイズ大会では冬の季節にちなんだ問題を我先にと手をあげて答え、お菓子のつかみ取りでは高学年生が1年生にコツを教えてくれました。しかし、手の大きさに関係なくたくさんのお菓子が取れて喜んでいる子もいれば、十分に掴めずがっかりした子もおり、悲喜こもごもの子どもたちの様子でした。
また、おやつは通常より豪華なクリスマス仕様で、フローズンゼリーやシュークリームなど色々な種類からのセレクト方式で楽しみました。

« 古い記事