子どもたちの姿に励まされました

新しい月を迎えて 本室 相模台

 今年の夏休みは、猛暑のため外に行くことができず、室内での遊びが中心となりました。室内では、みんなでウノやボードゲームをしたり、レゴやおままごと、制作活動をしたりと様々な遊びを楽しみました。コロナ感染予防と猛暑のため、子どもたちには我慢をお願いすることが多くあり、心苦しい思いの夏でした。コロナ感染が心配で気持ちが沈みそうになる時も、毎日楽しみを見つけ、笑顔と笑い声が絶えない子どもたちの姿に、支援員たちが励まされました。
 今日から二学期が始まります。猛暑で疲れた体を癒せるようゆったりとした時間を過ごしていきたいと思います。

«