最近の記事から

クラブの様子

中部 子どもたちの様子

日一日と春めいてくる今日この頃

相模台 相模台〈分室〉

 日一日と春めいてくる今日この頃です。3月は卒業式、進級の準備となりお忙しいことと思います。クラブでは、1年生を迎える準備をしています。昨年4月の桜咲く頃、新しいランドセルをしょって登所した1年生、そしてクラブ生活2年目の2年生。1年を通して子どもたちはいろいろな面で成長したと思います。支援員一同、うれしい限りです。
 保護者の皆様におかれましては、多くのご支援、ご協力をいただき有り難うございました。

桜のつぼみも膨らみ

中部

まだ寒い日も多いですが、桜のつぼみも膨らみ春らしい暖かな日差しを感じる様になってきました。春の訪れが待ち遠しいですね。早いもので今年度も残すところ、あと1ヶ月 となりました。それぞれ進級し4月には新1年生を迎えます。子どもたちは環境の変化に期待や不安を感じると思いますが、心に寄り添い受け止めて行きたいと思います。
また色々な遊びにチャレンジをし楽しく過ごせればよいと思います。
いつも温かくクラブの運営にご理解ご協力下さりありがとうございました。

クラブの様子

中部 子どもたちの様子

多くのご支援、ご協力ありがとう ございました

馬橋北

 桜のつぼみもふくらんで、ようやく春の陽気が感じられるようになりました。
 いよいよ今年度も残すところひと月の歩みとなります。ピスティスの会は2010年にこの施設を開所しました。子どもの成長を見守る役割の一端を担わせていただき、多くのよろこびがありました。
 4月からは社会福祉法人晴香様の運営が始まります。環境面の整備もできるだけスムーズに行えるようにしてまいります。
 保護者の皆様におかれましては、今まで多くのご支援、ご協力ありがとう
ございました。心より感謝いたします。
 これからも当放課後児童クラブをお支えいただければ幸いです。

成長の大きさを感じます

子どもたちの様子 馬橋北

 インフルエンザの流行も収まり、賑やかなクラブに戻りホッとしています。
 最近では、外活動に参加する子どもが増えて、学年関係なく全員で鬼ごっこを楽しんだり、個人で縄跳びの練習に一所懸命取り組んだりしています。集団で遊んでいる姿を見ると、この一年間で仲間意識が強くなったことを実感します。男女や学年を超えて仲良く遊ぶ関係は、子どもの視野や考えを更に広げてくれることだと思います。
 自ら進んで勉強に取り組む姿や、自分や周りの友だちに困った事が起きた時に自分たちで 考え解決しようとする姿を見ると成長の大きさを感じます。
 毎年この季節になる度、子どもの成長するスピードの速さに驚かされると同時に喜びを感じています。残りの一カ月、子どもたちの思い出に残るような、楽しい時間を過ごしていきたいと思います。

手洗いうがいの徹底を

相模台 相模台〈分室〉

 今年は暖冬で、立春を目の前に春の光を感じる今日この頃です。
 ですが、まだまだ乾燥は続き、厳しい寒さはくると思われます。
 先月は、千葉県内において、インフルエンザ警報が発令されたものの、児童クラブでは、罹患した児童は少なかったです。クラブでは、日々、手洗いなどの声掛けをしています。これからも手洗いうがいの徹底など、予防に努めていきたいと思います。

子どもたちの様子

子どもたちの様子 相模台 相模台〈分室〉

 寒さにもかかわらず、元気に校庭・芝生・クラブ前などで外活動をする姿が見られました。外に出る時は、子ども同士誘い合って、何で遊ぶ?鬼ごっこしようよ、などの声を聴きます。縄跳びも盛んで、何回跳べるか自分に挑戦している子どももいます。また、室内では卓球が盛んで順番待ちが出る程です。横に座りながら、皆、応援をしています。

クリスマスプレゼントのマンカラも人気です

卓球、男女混合で楽しんでいます

明るい声が響き渡っています

中部

 暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています。子どもたちは真冬の冷たい風にも負けず 元気に登所し、クラブには明るい声が響き渡っています。外遊びでは,はじけるような笑顔でドッチボールや鬼ごっこ長縄跳びなどを楽しみ、思いきり体を動かしています。また、室内では新しいおもちゃで歓声を上げながら遊んだり、頭を使うマンカラも大変人気があります。
インフルエンザや胃腸炎などが流行しやすい時期ですので、手洗いうがい、室内の換気を行い予防に努めるとともに、子どもたちの体調の変化に留意していきたいと思います。

クラブの様子

中部 子どもたちの様子

« 古い記事 新しい記事 »